LAST UPDATE
愛知県内で開催され、一般を対象にしたスキルアップ・キャリア形成に役立つ研修・講座等を探す。
対 象
分野
レベル
実施場所
地図で確認する
キーワード検索
期間検索
開催日
開催日
参加費
 
インターシップ・職場体験のキャリア教育の支援企業/団体を探す
活動内容
対象
所在エリア
地図で確認する
受入れ可能時期

業種
キーワード検索
国、県が表彰、認定、登録した企業/団体(「かがやく☆あいちの表彰・認定企業」)を探す
所在地
地図で確認する
主な事業分野
表彰・認定など実績
我が社の自慢
キーワード検索

ホンネ会議

就活の“見えない”不安を取り除くには、何をすべきか。
社会で活躍する先輩に就活のホンネを、ぶつけてみました。

ホンネ会議 メンバーのご紹介

  • 学生
    ひとこと

    松浦実咲さん

    愛知淑徳大学
    グローバル
    コミュニケーション学部
    2年

  • 先輩
    ひとこと

    安田雄美さん

    株式会社ダイセキ
    名古屋事業所 管理課
    愛知淑徳大学卒業
    (入社6年目)

  • 企業
    ひとこと

    大原慎吾さん

    株式会社ダイセキ
    企画管理本部
    人事部人事企画課

  • 聞き手
    ひとこと

    星野 宏

    キャリアコンサルタント

株式会社ダイセキ
本社は名古屋市港区。1945年創業。
資源循環型社会の構築に向けて、油、廃水、汚泥などのリサイクル資源・産業廃棄物処理、環境メンテナンス工事・防災、環境分析・研究などの事業を展開している。
星野
「働き方改革」や「就活ルールの廃止」など、企業・学生とも、気になる話題を多く耳にします。そこで今日は、企業、学生・先輩学生それぞれから見た、就活の“ホンネ”を聞いてみたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします!
松浦
社会の先輩方から、いろいろなお話を伺うことができればと思います!
安田
先輩らしく、後輩の背中を押せるよう、がんばります!
大原
どうぞ、よろしくお願いします!
こんな学生に読んでほしい記事です!
  • いよいよ就活。でも正直、何から始めるべきか、分からない…
  • 今まさに就活中。でも、自分のやりたい道に迷っている…
就活へ向けたホンネ
就活前

何が不安かも分からないのが就活前…。
今でしかできないことを、先輩に教えてほしい!

松浦
私は現在、大学2年生で、この春から、いよいよ就活がスタートしますが、正直、何が不安かも分かっていない程、今から不安でいっぱいです…。
安田
大丈夫!それが普通ですし、もちろん、私も不安でしたよ。
社会人になるって、多くの場合が、「初めて人に評価される」って事ですよね。
履歴書を書く授業があり、人にアピールできるものが少ないことに、初めて気がついたんです。そこで、「何かしなきゃ…」と思い、私は、ボランティア活動からスタートしました。
松浦
私も今、ボランティア活動をしています。
安田
正解!就活が、どう進むか分からないのは、とても不安…。
履歴書って、自身が今、持っているものの、棚おろし作業でもあるんです。
自分だけ取り残される不安を取り除くため、ボランティアでも、ガイダンスでも、「何か得るぞ!」って意欲で、積極的に参加しなきゃ!
松浦
私は、インターンシップにも、幾つか申し込んでみました!
安田
とても良いと思います!
私も、今思えば、インターンシップの面接さえも、就活へ向けた訓練になりました。
松浦
学生にとって、社会との接点は、極々限られますからね!
大原
正体の分からない不安って、実は一番の不安なんですよね。
でも、学生の皆さんの就活は、そうした不安に向き合い、成長する姿を、私たち企業が実感できる機会でもあるんです。
受け身にならず、積極的・主体的に動いてほしいですね。 就活は、社会へ出るための訓練!
星野
不安を取り除くには「行動あるのみ!」ってことですね!
ところで、松浦さんは、現在2年生。
次は、経験を経た安田さんから見て、就活前こそやるべきことも聞いてみたいと思います。

「やりたい仕事」と、「行きたい企業」。
果たして、どちらが先?

松浦
先ほど、インターンシップのお話をしましたが、同じ職場体験なら、自身が進みたい分野を選択したいと考えています。
安田さんは、いつ頃「行きたい企業」を意識されましたか?
安田
私は、「どうしても行きたい企業」が、なかなか見つからず、今思えば、条件ばかりに目がいっていました。通勤アクセス・休日・育休…。「行きたい企業」よりも、やりたい仕事=事務職かな…と。(笑)
営業や総合職に比べ、事務職は求人情報が少なく、何度も悩みました。
松浦
私は、やりたい仕事=「役に立ちたいこと」かも…。
漠然と、海外から日本に来た人の役に立ちたいと考えています。
安田
就活が、思うように行かないと、「本当に就職が決まるの?」と、何度も何度も、不安になります。でも、実際に私も、長く続けられる仕事に出会えました。
「絶対にこれ!」という意思よりも、「長く続ける」や「誰かの役に立つ」など“軸”程度の方が、良いのでは?…と、私は思います。
大原
「やりたいこと」を、今決める必要はないと、私も思いますよ!
やりたいことが強すぎて、就職後、かえって苦労する人も、少なくありません。無理に決めなくても、いろいろ活動していく中で、芽生えてくる事もきっとあると思います。
星野
“走りながら、考える”ですね。「どうしよう…」と立ち止まっているだけでは、不安は大きくなるばかりですもんね!
~キャリアコーディネータより~

就活に限らず、初めては、分からないことばかり。

  • 学内ガイダンスに出席
  • ボランティアに参加
  • 先輩に話を聞きに行く
  • インターンシップに参加する

…など、まずは何からでもいいから、今の自分にできることから始めよう!

就活は
「はたらく」
と向き合う
最初のステップ!

ひとこと

就活中のホンネ
就活中

今、すべきこと、次に取り組むべきこと。
優先順位は、どうやってつける?

松浦
就活が始まると、やるべき事が、
たくさんあって大変そう…。
ちゃんと、自分で把握していけるか?も、
大きな不安です。
安田
私は、この手帳に書き出し、
説明会、試験、面接など色分けをしてましたよ。

写真

松浦
すごい!予定がぎっしり!
シールで色分けしてあり、毎日の予定が、
とても分かりやすい!
安田
そう。何からやるか優先順位を付け、“見える化”することが重要!
それでも、筆記試験対策は、もっと早くからやっておけば…と、今でも思います。
松浦
私も、準備が得意ではないので、帰りに早速、対策に本を買って帰ろうと思います!
大原
筆記試験の勉強も大事ですが、対策ばかりに時間を使わないように!
“自分自身を知る”という、基本的なことにも、しっかり時間を使ってほしい!
星野
そうですね。筆記試験だけが選考ではないですからね。
では、その「自分を知る」ことについても、次に伺ってみましょう。

写真

自分の特徴は?自分の強みは?
効果的な自身の客観視方法とは?

松浦
大学のガイダンスで、“自分の強み” “自分の特徴” といったアドバイスを、よく受けます。
安田さんは、どうやって“自分の強み”を見つけましたか?
安田
一人で考えていても、よく分からないですよね!自分より秀でた人が周りにいると、「自分なんて大したことない…」って、思っちゃいますしね…。
松浦
とても、よく分かります…。そんな時はどうしたんですか?
安田
周りの友達や、キャリアセンターの方の意見を参考にしましたね。
松浦
加えて、自分の強みを、うまく人に伝えられるか…?という“ホンネ”も…。
履歴書の書き方も、やはり重要でしょうか?
安田
面接に至るまでは、履歴書が唯一の自己PR手段ですからね。
私の場合、受ける企業ごとに、 志望動機や自己PRを変えました。
全部で、20社分くらいは書いたかな…。
大原
採用では、入社後、この会社に合うかどうか?を、しっかり見ています。だから、学生さんには、他人と比べないでほしいですね!
他の人がどんな強みを持っていようと、自分なりの良さに自信を持ってほしい。
会社には、強みの異なるいろいろな人がいてほしいので、バランスよく採用していますから!
星野
誰のための就職か?をしっかり考えることが大切ですね。自分の特徴と、応募する会社とのつながりを考えてみると、履歴書の書き方も、自然と、その会社用になるというわけですね!
~キャリアコーディネータより~

自分の良し悪しを考えるよりも…

  • 何を考え
  • どんな想いを持ち
  • どんなことを意識して
  • どんな行動を取っているか?

ありのままの自分を表現することが、自分を活かせる仕事との出会いにつながります!

自分が
どんな人間か?
客観的に
見てみましょう!

ひとこと

入社後のホンネ
入社後

与えられる業務。目の前の仕事。
その意味とは、何?

松浦
就職した後の業務についても、お聞かせください。入社した際、安田さんは、どのようなお仕事を任されましたか?
安田
最初の仕事が、ハンコ押し一週間!
もちろん、大事なお仕事であることは分かっていましたが、「私は、これでお給料をもらっていいのだろうか…」と、すごく不安になりました。(笑)
松浦
(笑)
安田
でも、1年もたたず、その業務は外れてしまい…。会社から、「この仕事に向いていない」って言われているようで、それからの方が、むしろ不安でした。
松浦
私も、自分のことを想像すると、不安になります…。
その不安は、どのように解消されたのでしょうか?
安田
次に任された仕事をしっかり覚え、責任感を持てたことですね。
周りから聞かれたことを、自分で答えられるようになったりとか。
後で人事に聞いたら、「彼女なら、他の部署でもやっていける」というのが異動理由と聞き、随分ほっとしたのを覚えています!
大原
今の“ホンネ”を聞き、1つ1つの仕事の与え方とその説明は、とても大事だな…と、私たちも、勉強になりましたね。
若い世代は、目的意識が高く、ナットク感を持って働こうという人が、多いですからね。
星野
与えられた仕事に、どんな意味があるのか?理解して働くことが、イキイキと働けるかにつながるということですね!
では、安田さんにとっての「働き方」について、最後触れてみたいと思います。

職場の人間関係、
仕事の楽しみ、どうつくる?

松浦
上司の方も、おみえになるので、少し聞きづらいのですが…。
普段、仕事の“ストレス”は、どうされていますか?
安田
事務職って、部署の垣根を超え連携する職種なんですね。
だから、私も飲み会に誘ってほしい!
ドラマとかみたいに、いろいろな部署の方とも、広くつながりたい!
松浦
仕事以外の場だから、いろいろな相談もしやすいかも!
安田
そうそう!
仕事以外でも、コミュニケーションをとっておいた方が、業務も潤滑に進むんです。
相手のことをよく知っていた方が、絶対に仕事もしやすい!
大原
確かに、仕事以外のつながりは、とても大事!
会社にいる限り、一緒に働く仲間との関係は、ずっと続くので、プライベートなつながりも、とても大切ですよね。
星野
会社は「チーム」なので、お互いの関係性も仕事に影響してくるということですね。
人間関係がいい方が、仕事も楽しくなる。 特に、ここ愛知には、多くの中小企業があります。お互いに顔が見える距離感で働けるのが、中小企業の魅力でもありますからね!
~キャリアコーディネータより~

仕事の目的や人間関係は、働いていくモチベーションに大きく影響します。

  • 仕事の目的を、自分が決めること
  • 自分がやっていることの意味を考える
  • 自分なりの仕事の楽しみを見つける
  • 職場の人間関係を自分から創り出す

自ら考え行動することで、仕事はどれだけでも楽しいものに変わっていきます!

大切なのは
「自分で」という
積極姿勢!

ひとこと